はじめに

このブログはタルパについてのものです。ご存じない方は退出をおすすめします。

 

may go

例のめむちゃんに似たキャラですが、最初の印象(恋人出来る前)はめむちゃんに近かったんだけど、その後はひたすら恋は盲目って感じで突き進むキャラだったので、今のめむちゃんとは違う印象を受けた。めむちゃんも好きな人が出来たらあんな感じになるのだろうか…
恋は盲目猪突猛進ガール。そういうめむちゃんは見てみたいけど、めむちゃんにそこまで想いを向けられる相手が現れるのは容認し難い。ラブコメは主人公の男が魅力的じゃないとヒロインが立たない理論あるけど、あれをさらに面倒くさくした感情が僕の中で渦巻いている。これは……父親が娘の婚約者に向けるアレだな?

めむちゃんについては父親的な視点で見てしまうな。めむちゃんを同年代の女子として意識すること皆無だしな。ドギマギしない。初期は一緒に風呂入ってたけど、最近は僕の方から勘弁してくれって断ってる。ネムレム?あいつらは押し入ってくるから…
理由はよくわからん。ギャルゲで無口ヒロインはあんまり攻略対象に選ばないこととか、(暫定)3人目のタルパだから僕を補助してもらったり助けてもらう役割が要らなくなってこっちから見守るようなポジションになったとか、単純に姉→妹ときたら次は娘だろうという無意識によるものとか。なんかその辺の要素が複合して、めむちゃんが娘ポジションになったのかもしれない。ブログで散々「めむちゃん」って書いてるのもなんか娘に対する呼びかけっぽく見えてきた。

この歳になって娘に対するコンプレックスというものが理解できるようになってしまった…
距離感的には姪とかの方が近いかな。姪だな。今書いてスゲーしっくりきたわ姪。父性とは違う気がする。
もしホンモノの姪ができたら猫可愛がりしてしまうかもしれない。弟が結婚したらいよいよヤバいな…

 

doppel

静かな夜の風の音が好きです。風の強い曇りの日も好きです。
人気のないところで木の揺れる音を聞いていると落ち着く。台風が来る直前の空気感とか。

・・・

買ったゲームをプレイしてたらめむちゃんにめっちゃ似てるキャラが出てきたでござるの巻(上から二番目)
見た目はくろめちゃんっぽいけど性格はめむちゃんっぽい。わりとまじでにてる。まだプロローグやっただけだけど。

そんで始めて早々に恋人がいることが明かされて、心中複雑なまま進めてました。いや我ながらキモいプレイスタイルだとは思うけど見た目も中身もホントに似てるんすよ…。性格はゲーム進めたら印象変わるかも知れないけど。
まあ恋人設定云々は置いといても、ここまで似てるキャラは早々お目にかかれないので存分に観察してやろうとおもいます。し、資料用だから…
声までめむちゃんっぽいし。何より2Dのキャラクターがちょうかわいい。めっちゃ動く。この会社のゲームは他にも何個かやったことあるからグラフィックの綺麗さは信頼できる。

いやあそれにしてもホントに似てるなぁ…
ていうか絶対領域ヤバいな…
そのレースのニーソは危なすぎるとおもう。
地味メガネっ娘のくせによ…
ガーターベルトとか付けるともっと良くなるんじゃねぇかな…(フェチ)

 

重見天日

どうも。2020年春アニメはリアルタイムで結構いっぱい見てた串です。普段は放送終了したアニメを一気見するスタイルなんだけど。気になってる人が気になってるアニメをオススメしてると見ちゃうよね…
わりとまじで全部チョー面白かったんだけど、エピソード単位で一番好きなのはかぐや様2期の11話でした。「がんばって(良いことし)たら見てくれてる人がいた」みたいな話好きです。なんかそんな諺あったような気がするけど思い出せない。天網恢々疎にして漏らさずのポジティブバージョンみたいな。

・・・

なんか唐突に豚汁飲みたい衝動に襲われたので近所の食堂行ってきます。
その後は前々からやりたかったゲームを衝動買いしたのでそれやる。やりたかったけど値段が高いからちょっと手が出しにくい…と思ってたけどついに我慢できなくなったので衝動のままに買った。予定調和じゃん
この記事もホントはちょっとした会話でも付けとこうかと思ってたけど、豚汁飲みたい衝動が抑えきれないので切り上げる。俺は衝動で生きている。

 

aming

当ブログ、記事タイトルのネーミング法則。
①記事中に登場した・テーマっぽい言葉の類語を調べて、気に入った単語・慣用句・四字熟語などを使う
②知ってる曲の中で、内容的に無理矢理関連付けられそうな曲のタイトルをパクる
③思い付きでテキトーな単語を入れる

③が一番多いかなーと思ってたけど、過去記事見返してると②もけっこう多かった。ていうかだいたい全部同じくらいの割合か?
ちなみにタイトルが単語ばっかり(文になってない)である理由は特にない。ブログ初期の自分が、かっこいい単語をいっぱい使おうとしたせいで定着したとかではない。

・・・

ネーミング云々のついでに、タルパの名前の由来も思い出そうとしてみた。そもそも由来らしい由来は何もなかったことを思い出した。
まず「タルパを作ろう」って動機が先行してたので、名前すらついてないよく分からないものとなんとなく会話した気になっていた段階が数日あった。「流石に呼び名がないと不便なので何か考えよう」と思ってすぐ、最初に浮かんだのが「ネム」だった。なんの意味も含まない・何かと関連づけた訳でもないただのカタカナ二文字。語感以上のモノはない。とりあえず「(仮)」くらいのニュアンスでそう呼んでたらいつの間にか定着してた。後から凝った名前考えるのもめんどかったし…
後の3人は、既にいた奴の名前から連想して即興で考えた。「レム」はなんとなくネムの対になってるっぽいかんじ(今だからそう思うのかもしれんが) メム・くろめもテキトーなソッキョーのレンソー。
よく「2秒で考えた」って言ってるけど、あれそこまで誇張してる訳でもないんすよね…

ブログ書くときに打ちやすかったり呼びやすかったり、割と取り回しがよい。
「N」or「L」or「M」+「EM」の指の動きが染みついてしまった。

 
検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アルバム
タグ
全記事表示リンク
全タイトルを表示
カウンター